スプレッドシートでeBay販売(出荷ラベル発行まで) 1

  • LINEで送る

複業がオープン化されてからか、個人事業を始める方で輸出販売をされる方が増えています。

E.P.ラボもこの流れを少しでも応援したいと思い、スプレッドシートで管理できるeBay出品ツールのオープン準備をしています。

他にも同様のツールがあると思いますが、こちらの特徴は国際郵便のラベル発行まで対応しているところです。

既にeBayで取引を始めている方はご存知かもしれませんが、eBayでは一度に多くの商品を出品できるFileExchangeサービス(利用無料)があります。
利用には90日以上の登録期間、50品/月以上の出品と制限もありますが、魅力的なサービスです。

出品用スプレッドシート

出品用のFileExchange(CSV)を作成するスプレッドシートです。

こちらでは仕入を行うグループ登録シート、出品するための商品登録シートがあります。

グループ登録シート

グループ登録では仕入を行うサイトの共通情報を登録・管理することができます。価格や在庫のスクレイピング情報もこちらで一括管理OKです。
商品詳細のテンプレートも登録できるので、サイトや出品カテゴリーでテンプレートを個別管理することができます。
DOM解析を行っているので、なかなか情報を取得しにくいサイトでも比較的取りやすくなっていると思います。

登録済みのグループ情報の編集はグループ一覧シートで任意に修正できます。

グループ一覧シート

登録済みのグループ情報を確認、編集することができます。

商品登録シート

登録済みグループをテンプレートとして商品登録を行います。
指定サイトから価格や在庫情報が正しく取得できているか確認してください。出品情報の詳細やFileEXCHANGEに関する情報もこのシートで設定します。

登録処理により登録済み商品スプレッドシートへデータが移動します。

次回は登録済み商品スプレッドシートについて説明します。

※上記サイトは各スプレッドシートを統合したものです。ユーザ管理されているため、表示されないページが存在します。

SNSでもご購読できます。

役に立ったよ!

本記事が役に立った!と思っていただけましたら下記ボタンからチップをお受けしております。

 

E.P.ラボにチップ

スポンサー リンク

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。