スプレッドシートの条件付き書式でカスタム数式を使う

  • LINEで送る

スプレッドシートで便利な機能の一つに、条件付き書式の取り扱いがあり、条件付き書式もExcelと同じようにを扱うことができます。

個別の値に対して条件付けする場合、Excelとそう変わりません。カスタム数式も同じように扱います。

まず、条件付き書式を表示します。メニュー「表示形式」の中から「条件付き書式」を選択します。

条件付き書式の詳細は次のように設定します。

  • 範囲に適用セルの範囲を指定します。例では「A1:A14」としています。

  • セルの書式条件の設定

    こちらを「カスタム数式」にします。カスタム式ですが今回は偶数判定なので「ISEVEN()」を利用します。参照するセルは対象範囲の先頭セルを入力します。今回はA1ですね。これを間違えると正しく判定してくれません。

  • 書式設定のスタイル

    こちらはいつもの設定ですね。前景色、背景色やフォントを選択してください。

サンプルスプレッドシートはこちらになります。

E.P.ラボでは情報システムのトータルサポートを実施しています。ご興味がありましたら»こちらからご参照ください。

SNSでもご購読できます。

役に立ったよ!

本記事が役に立った!と思っていただけましたら下記ボタンからチップをお受けしております。

 

E.P.ラボにチップ

スポンサー リンク

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。