スプレッドシート基礎関数COUNT/COUNTIF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近のご依頼で簡単な数学処理を行う機会がありました。

スプレッドシートやExcelを使うと簡単なのですが、どこから手を付けていいのかわからない方もいらっしゃいました。

本日からしばらく、スプレッドシートの基本的な関数について使い方を動画を交えて説明しますね。

あ、スプレッドシートと銘打っていますがExcelでも普通に使えます ^^;

初回は指定範囲の項目数を数えるCOUNT()、そして指定範囲の単一条件を満たす項目数を数えるCOUNTIF()について説明します。

解説動画はこちらから

COUNT

指定範囲、もしくはカンマ区切りのデータの個数を返します。
要点をピックアップしましょう。

  • スプレッドシートの場合は、カンマ区切りでも30個の範囲を超えて入力することができます。
  • また、スプレッドシートでは「A1:A」のような末尾を指定しない範囲指定が可能です。
  • COUNTで返ってくる個数は数字データの個数です。

count系の基本となる関数ですね。COUNT()のキーとなる部分は3項目の「数字データの個数を返す」ところです。

文字列はCOUNT()対象外となります。
数字、文字列が混在するデータの個数を調べるときにはCOUNT()は利用できないので注意が必要です。

COUNTIF()

範囲内で条件に一致する要素の個数を返します。

基本的な使い方はCOUNT()と同じですが、範囲と条件の組み合わせになります。

  • 範囲の指定方法は先の通り、「A1:B10」のような書式、または「A1:C」のようにA列~C列のような指定でも大丈夫です。
  • 条件は不等号、等号と文字列や数値を指定します。
    • 50より大きい:”>50″
    • ‘佐藤’に等しい:”=佐藤”

動画でも説明していますので、ご覧ください。

中小企業 業務サポート

インターネットの無料相談はお手軽だけど本音ではなかなか相談できまんよね。E.P.ラボの業務サポートは

  1. 包み隠さずご相談いただけるパートナー関係を構築※
  2. 急なシステムトラブルにも対応※
  3. よくわからないことはE.P.ラボに任せて本業に集中

というポリシーの元にサービスを展開しております。まずは下記ボタンからお困りごとをご相談ください。

※1 NDA(秘密保持契約)を推奨しております
※2 既定の営業日、営業時間に限ります
※3 業務支援を含むサポートは¥50,000/月となります
※4 相談のみのサポートは¥30,000/月となります

お問合せページ

SNSでもご購読できます。

スポンサー リンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください