スプレッドシート間の連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スプレッドシートとスプレッドシートを繋ぐ方法として大きく2つの方法があります。

1.IMPORTRANGEで接続
多くの方がこちらの方式を採っているのではないでしょうか。
元データ(マスタ)のスプレッドシートをIMPORTRANGEでリンクすることができます。

公開の義務がなく、クローズドな権利範囲で完結できるので1.案を採用するケースがほとんどだと思います。

2.IMPORTDATAで接続
こちらはマイナーな方法ですが、元データ(マスタ)のスプレッドシートの対象シートをCSV形式で公開します。
参照側スプレッドシートでは先の公開URLをインポートURLとしてIMPORTDATAで受けます。

マスタ側のスプレッドシートを公開する必要があり、且つ、リアルタイム性は劣りますが、既に公開されているデータであったり、今後公開する予定のあるデータを引用する場合は変更コストが下げられるメリットはあります。

2.案はスプレッドシート間というより、スプレッドシートと他のシステムを結ぶ際に利用されることが多いでしょうか。

SNSでもご購読できます。

役に立ったよ!

本記事が役に立った!と思っていただけましたら下記ボタンからチップをお受けしております。

 

E.P.ラボにチップ

スポンサー リンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。