パッケージソフトではできなくても、支援ソフトで可能にする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ここ最近は販売管理ツールのカスタマイズを行っています。

予定ではGR-SAURAでプリントアウトプログラムを作ってサーマルプリンタで遊びたかったのですが、全くの手つかずです。

そんな独り言はさておき、

話を戻しますが、各会社さんで販売管理ソフトを導入されていると思いますが、実際の運用場面において細部までフィットしたものにはなかなか出会えません。
(最初に導入したソフトであれば、お使いのソフトが全てなので問題はそうないでしょう)

開発元の営業さんやベンダーさんは「あれもできる、これもできる」とこちらの要望に対してほぼYESを返してくれます。が、ここが落とし穴で機能単位では実現可能でも、機能の組み合わせとして不可であったり、運用上の工夫を強いられることがあります。
でも、営業さんやベンダーさんは嘘は言っていません。

「デモを見ていないからじゃないのか?」

もちろん、そういう意見もあると思いますが、デモで全ての機能、フローを確認される会社さんはどれだけあるでしょうか。高い買い物であるにも関わらず、「えいやぁ!」のドンブリ確認で購入に踏み切ってしまう会社さんの方が多いと思います。
(このパターンには価格ありきで購入に踏み切るケースがとても多いです)

導入後に運用面で問題があることが分かった場合、もちろんソフトウェアメーカーはカスタマイズに対応してくれます。が、見積を取ると結構な金額に皆さんビックリすると思います。「これだったらもっと高機能のソフトを購入しておけばよかった…」と後悔される方もいらっしゃるかもしれませんが、買ってしまったからには使い切るしかありません。

私達(E.P.ラボ)ではソフトウェアの内部を変更することはできませんが、取り出し可能なデータを元にお好みの帳票やデータ形式を作ることはできます。
(画像は一部加工しています)
tool

もし不便を感じているソフトがあれば、ご相談いただければ(内容によっては)対応できるかもしれません。
特に帳票類は会社独自のものですから、現状維持にはこだわりたい所ですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサー リンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください