勤怠管理表 on GS

勤怠管理表 on GSはGoogleサービスを利用した勤怠管理表になります。その日の勤務時間(昼休みや勤務切り替え時の休憩時間を差し引いた)を自動計算します。

Googleサービス上で運用することにより出社場所を問わない出退勤管理ができるようになります。
(パソコン、タブレット、スマートフォンからご利用になれます)

ご利用の前に管理者用としてGoogleアカウント(Gmailアドレス または ドメインユーザーアドレス)が必要となります。報告者はGoogleアカウントを持っていなくても問題ありません。

»勤怠管理表 デモサイト

Googleのドメインについての詳細は「»G Suite」をご覧ください。

入力方法

  1. Googleフォームから
    »タイムカードから出社、退社時間を申告します。
    申告時には社員名、出社区分(出社、退社)、勤怠区分(通常、休暇など)を選択します。
  2. Gmail
    フォームからの入力の代わりにGmailアドレスにメールを送ります。
    この場合は社員名、出社区分(出社、退社)、勤怠区分(通常、休暇など)をテンプレートに沿って送信します。

編集方法

  • 日時時間の修正
    勤務日報シートを直接編集します。こちらは管理者のみ行えるように運用します。
  • 従業員名簿のフォームへの反映
    スプレッドシートの従業員シートの内容をフォームに反映させます
  • 区分情報のフォームへの反映
    スプレッドシートの出退勤区分シートの内容をフォームに反映させます

主なオプション項目

  • Gmailによる出退勤報告
  • Gmailと連携した上司確認
  • 本体スプレッドシートの定義変更
  • 出退勤データの月管理
  • 出退勤データの年度管理
  • 運用サポート

»勤怠管理表 デモサイト

Google on サ―ビスのサポート契約については以下をご確認ください。

お支払い方法やカスタム要件につきましてはサイドメニューのお問合せ:コンタクトフォームからお願いします。

© 2015 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。