待望の小型3Gシールド発売決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いよいよ、と言うべきでしょうか。

これまで3Gシールドと言えばArduinoシールド互換サイズしかなかったのですが、ついにブレイクアウトボード(3G IoTModule)の発売がタブレインさんから発表されました。

タブレインホームページ
(プレスリリースは同ページTOPより)

これまでサイズや価格の制限から3Gを搭載できなかった方にもチャンスが巡ってきました。リリースを見ると予定価格は22,000円と従来シールドの約1/3。外形は35mm×25mmとこれまた小さい!(アンテナは外付けです)

機能は従来シールドと同等なので、フィールドワーク向けアプリケーションの開発が活発になるでしょう。

通信ボードが小型化されたことによりArduinoではmicroやnano、ルネサス系ではGR-KURUMIのサイズが活かせるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサー リンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください