あなたは必要な情シスですか?不要な情シスですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ちょっと強烈なタイトルですが、煽りでもなんでもなくて今後起こりえることです。

元記事はこちらで、セミナーの案内なのですが、大事なのはそっちではなくタイトルが示している方向性です。

情報システム部(情シス)は会社にはなくてはならない存在ながらも、その活動が称賛されることはないどころか批判されがちな部署です。トラブルがないことが当たり前品質になっており、且つ業務改善の屋台骨として期待を一身に受ける部署であります。

もちろん日々の業務はトラブル対応や操作に関するQAに追われ、気の休まる日はないことでしょう。

嫌われる情シス担当

皆さんの周りにもいませんか?こんな人

  • 自分の技術の高さは自慢・公言する
  • なにかと忙しいと言う
  • やらない/やりたくない理由を並べるのは得意
  • 進捗が悪い理由は他人のせい

実際に技術力があったとしても、こんな人には頼みたくないものです。

比較的好かれる情シス担当

一方で好かれる情シス担当ってこんな感じではないでしょうか

  • ます話を聞いてくれる
  • 状況をくみ取ってくれる
  • 技術的可能性と実現可能性を分けて説明してくれる
  • 進捗を都度、報告してくれる

情シスだって人間です。なんでも請け負えるわけではないですし、処理できるタスクにも限りがあります。

要は現状を的確に把握し、依頼者にかかる負担・迷惑を極力抑えつつ要求を満たすことができるかを考える人が求められる情シスなんじゃないかなと思う昨今。

私自身もそうありたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中小企業 業務サポート

インターネットの無料相談はお手軽だけど本音ではなかなか相談できまんよね。E.P.ラボの業務サポートは

  1. 包み隠さずご相談いただけるパートナー関係を構築※
  2. 急なシステムトラブルにも対応※
  3. よくわからないことはE.P.ラボに任せて本業に集中

というポリシーの元にサービスを展開しております。まずは下記ボタンからお困りごとをご相談ください。

※1 NDA(秘密保持契約)を推奨しております
※2 既定の営業日、営業時間に限ります
※3 業務支援を含むサポートは¥50,000/月となります
※4 相談のみのサポートは¥30,000/月となります

お問合せページ

SNSでもご購読できます。

スポンサー リンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください