投げやり開発者が増えている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昨日、クライアントから、「1度開発をお願いしたものの初回納品以降、連絡がつかない開発者がいる」といったお話を聞きました。

「要求仕様の割には、見積もりが安かった」とも仰っていました。

クライアントからすると、修正・追加要件は当然あると思いますので、連絡がつかないのは本当に困り事です。

皆様も同じ思いをしないために、次の事に注意してください。

  • 依頼先の所在地がわかる
  • 定期的に更新されているブログがある
  • 頻繁に更新できない連絡先(携帯電話など)がある
  • 相見積もりはコストだけで判断しない

体調を壊したとかでしたら、致し方ない部分もありますが、それでも一言は欲しいですよね。

E.P.ラボでは既存システムの相談・改修も行っていますので、お困りの方はどうぞご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサー リンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください