GAS認証エラーでスクリプトが動かせない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

開発者向けサイトでも取り上げられていますが、GAS(Google Apps Script)の認証が変更されました。

従来では問題のなかった自作プログラムも「invalid_scope」エラーにより、認証が通らず動作させることができません。

解説動画はこちらです。
https://youtu.be/80Y-Dr9iF4E

今年から適用された認証仕様の変更により、

  1. プログラムごとにGoogleから認証を受ける
  2. 開発者グループに参加した状態でGASを認証させる

の2通りを余儀なくされていましたが、解説内容の通りに認証を行うと毎回の手間が大きく省けます。

この内容はGASの利用者にも同じことが言えるので、幅広く共有しておきましょう。

解説動画はこちらです。
https://youtu.be/80Y-Dr9iF4E

GASの認証に関する情報は公式「https://developers.google.com/apps-script/guides/services/authorization」からご覧なれます。合わせてご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中小企業 業務サポート

インターネットの無料相談はお手軽だけど本音ではなかなか相談できまんよね。E.P.ラボの業務サポートは

  1. 包み隠さずご相談いただけるパートナー関係を構築※
  2. 急なシステムトラブルにも対応※
  3. よくわからないことはE.P.ラボに任せて本業に集中

というポリシーの元にサービスを展開しております。まずは下記ボタンからお困りごとをご相談ください。

※1 NDA(秘密保持契約)を推奨しております
※2 既定の営業日、営業時間に限ります
※3 業務支援を含むサポートは¥50,000/月となります
※4 相談のみのサポートは¥30,000/月となります

お問合せページ

SNSでもご購読できます。

スポンサー リンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください