シリアル

GR-SAKURAでシリアル動作確認

GR-SAKURAの動作検証をしていきたいと思います。

今回はPCとの通信を行うシリアルモニタです。

setup()とloop()はArduinoでおなじみの構成ですね。

さて、パソコンから受信した1バイト文字をエコーバックするテストです。準備として上記ソースをWebコンパイラでビルドしておき、sketch.binを作成します。
・Serial.available()
シリアル通信で受信データがあるか応答してくれます。受信データが無い場合は0が帰ってきます。
・Serial.read()
受信した1バイトを返します。
・Serial.println(データ, フォーマット)
シリアルデータを改行付きで送信します。フォーマット未指定の場合は、10進数でフォーマットします。

パソコンとGR-SAKURAをUSBで接続し、基板上の赤いボタンを押すとプログラムの書き込み(GR-SAKURAのトップフォルダにsketch.binを入れるだけ)が行われます。
DSC_0110

では、モニタソフト(今回はTeraTerm)で確認してみましょう。
プログラムの書き込みが終わるとUSBドライバについてパソコンから聞かれるので、下記URLからUSB仮想COMポート用デバイスドライバをダウンロードします。
http://japan.renesasrulz.com/gr_user_forum_japanese/m/mediagallery/24.aspx

ダウンロードしたらzipファイルを解凍して、ドライバのインストーラに解凍場所を指定しましょう。
一度画面を閉じてしまったかたはマイコンピュータのプロパティからハードウェアタブを開き、デバイスマネージャを開いてください。不明のデバイスに「?」マークが付いているので右クリックからドライバの更新を選び、ドライバをインストールしてください。
usbport

GR-SAKURAでは転送レート9600としているので、TeraTarmも同様のセッティング(初期値ですが)で通信を開きます。では早速キーボードを叩いてみると…
usb

帰ってきました。エコーバック。
キャラクタの8は0x38(16進)、つまり3 × 161 + 8 × 160 = 56(10進)なので上記のようになっています。他のキャラクタも同様です。

このような感じで通信確認ができました。

皆さんもお試しください。