Windwos10で16bitアプリケーションを動かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらのサイト»Windows 10に昔のソフトを入れてみました。を拝見して、古い開発環境を再利用できないかと思い、Windows10 Pro 32bitにて検証してみました。

元記事にも書かれていますが、今回のキモは「NTVDM」(仮想DOSマシン)です。

大事な点ですが、Windows10は32bitでなければなりません。
私はProで行いましたが、元記事さんがHomeで行っているので、Home/ProfessionalはどちらでもOKでしょう。

これまではデータ処理の都合や、64bit環境でも32bitアプリを動かせることから64bitを優先して導入してきましたが、ここへ来て(個人的には)まさかの32bit退行です。

さて、元記事の焼き直しになりますが「NTVDM」(仮想DOSマシン)を有効にする手順を紹介します。

Widows10ではWindowsアイコンの右クリックメニューから「プログラムと機能」を選び、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
NTVDM001

以上で「NTVDM」の導入は終わりです。では、本命のソフトをインストールしてみましょう。

今回対象とするのは、開発者ならお世話になったことがあるであろう「LSIC86 コンパイラ」です。

64bit OSではウンともスンとも言わなかったので、リベンジ戦です。

早速、setup.exeを実行します。
NTVDM002

…おや?セットアップ画面が出てこない。

プロセスはどうなっているのやら…ということでタスクマネージャの詳細を見てみます。
NTVDM003

しっかり「ntvdm」が起動しています。だけど、セットアップ画面が出てこない…何かのプロセスで待機させられているんだろうか?

プロセスの待機状態を確認するには、該当するプロセス上で右クリック、メニューの「待機チェーンの分析」から行います。
NTVDM004

実際の中身は…
NTVDM005

いました。usb3のモニタがお邪魔しているようです。

NTVDM006
NTVDM007

今回(いまだけ)は邪魔なので、プロセスを終了します。何か言われますが、インストールのためと涙をのみましょう。

さぁ、usb3モニタプロセスを終了すると…
NTVDM008

きました!セットアップ画面がきました!

LSIC86そのものは従来通りインストール可能でした。

確認したところ、usb3モニタは再ログインでプロセスが復帰したので、気になる方は再ログインしてください。
(再起動でも大丈夫です)

早速インストールしたlsicをコマンドプロンプトで叩いてみると…
NTVDM009

ヘルプ表示だけですが、ちゃんと動きますね。

これで旧ソースのコンパイルができる!

中小企業 業務サポート

インターネットの無料相談はお手軽だけど本音ではなかなか相談できまんよね。E.P.ラボの業務サポートは

  1. 包み隠さずご相談いただけるパートナー関係を構築※
  2. 急なシステムトラブルにも対応※
  3. よくわからないことはE.P.ラボに任せて本業に集中

というポリシーの元にサービスを展開しております。まずは下記ボタンからお困りごとをご相談ください。

※1 NDA(秘密保持契約)を推奨しております
※2 既定の営業日、営業時間に限ります
※3 業務支援を含むサポートは¥50,000/月となります
※4 相談のみのサポートは¥30,000/月となります

お問合せページ

SNSでもご購読できます。

スポンサー リンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください