WPFでスクリーンサイズを取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

調べてみると意外にも見つからないWPF(Windows Presentation Foundation)プロジェクトにおけるスクリーンサイズの取得方法。

公式にしっかりと掲載されていましたね。

SystemParameters.WorkArea プロパティ

これでスクリーンサイズ(本件では作業領域)に対応したウィンドウサイズの設定ができますね。

ここで得られる値はピクセル値なので注意してください。

実際のところ、System.Windows.WindowクラスのHeightプロパティ、Widhtプロパティ共にDI(Device Independent:デバイス依存)且つ 規定単位はピクセルなので問題にはならないと思いますが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサー リンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください